モグワン 柴犬 アレルギー

皮膚病にかかりやすい柴犬が避けるべき食品とは一体・・・?

 

柴犬は狩猟犬の性質を受け継いでいるため、
とても活発で運動が大好き、食欲も旺盛です。

 

そんな元気いっぱいの柴犬ですが、皮膚病、
特にアレルギー性皮膚炎を起こすケースがが多いのも事実です。

 

最近は食物による皮膚アレルギーを患う柴犬が多いと言われています。

 

そこでここでは柴犬がかかりやすい皮膚アレルギー、さらには

皮膚アレルギーにかかりやすい柴犬が避けるべき食品について解説します。

 

柴犬がかかりやすい皮膚アレルギーとはいったい・・・?

 

 

柴犬が最もかかりやすい皮膚アレルギーはアトピー性皮膚炎です。

 

犬アトピー性皮膚炎とも言われ、3歳までの
比較的若い頃に発症するケースが多いです。

 

目や口の周り・手足の指・脇の下などがかゆくなり、
かく、なめる、噛むなどのしぐさが見られます。

 

柴犬のアトピー性皮膚炎は獣医師の検査や治療を受ける必要があります。

 

完治はむずかしいことも多く、気長に付き合っていく必要がありますね。

 

皮膚アレルギーを起こしやすい柴犬が避けるべき2つの食品、成分は?

 

 

近年は食べ物により皮膚アレルギーを起こす柴犬が多いといわれています。

 

そこで毎日のフードが柴犬の健康には大切です。

 

皮膚アレルギーを起こしやすい柴犬が避けるべき
食品、成分は以下の2つです。

 

小麦、トウモロコシなどの穀物

 

 

犬の体は小麦、トウモロコシなど穀物の消化に必要な
アミラーゼという消化酵素を少ししか持っていません。

 

もともと狩猟犬として活躍していた柴犬は肉食です。

 

穀物を食べることはできますがうまく消化できないのです。

 

すると消化できなかった穀物はゴミとして体の中にたまり、
アレルギーや消化器官の不調を起こすことになります。

 

ですから原材料の中に小麦やトウモロコシがある
フードはできるだけ避けたいですね。

 

香料、着色料、保存料、酸化防止剤などの人工添加物

 

 

肉副産物など品質の悪い原材料を使ったドッグフードは、
品質の悪さを補うためにさまざまな人工添加物を使います。

 

また犬に食いつきをよくするために香料を使っているフードもあります。

 

残念ながら日本の法律はドッグフードの原材料に
それほど厳格ではありません。

 

ヒトの食べ物には禁止されている添加物でも、
ドッグフードに使用できるものがたくさんあるんです。

 

そんな添加物を含んだフードを食べることで皮膚アレルギーを
起こす柴犬もいます。

 

フードを選ぶ際はできるだけ無添加のものを選びたいですね。

 

柴犬が皮膚アレルギーを起こしたらまず獣医に相談

 

 

皮膚アレルギーといっても食事以外の要因もあります。

 

遺伝、ノミやダニ、花粉、ハウスダスト、ストレス、老化などです。

 

むろん食事は大切ですが、要因はさまざまあるので
皮膚アレルギーを起こしたらかかり付けの獣医に相談しましょう。